言葉と鉛筆で描く日常風景

東南アジア素描~通勤の風景


いつも通る道端に、ゴザを敷いて木の実やショウガを売っている老女がいる。
さりげなく見ていると、様々な人々が彼女の商品を購入していく。

老若男女、どの人も通勤途中であることには違いない。
会社に通勤する途中、ショウガを買う必要があるだろうか。

この国の良いところは、どの層の人々にもそれなりにお金が回るシステムを保持している点だ。
お店をもつお金がない人でも、ゴザ1枚で商売ができる。
そうした人々は、誰しもお得意様をもっている。
例えば、嬉しそうな笑顔が心に残るとか、お金の渡し方が上品だとか、皆それなりに人を誘引する独自的な魅力をもっているのだ。
だから、人々は早朝の通勤時にショウガを買う。

お金のやり取りは、心のやり取りでもある。


プロフィール

Pattersons House

Author:Pattersons House
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村