言葉と鉛筆で描く日常風景 Life

Life


今度生まれてきたら、と考えるのは稀だ。
子供の頃、こんな風になりたいと思った通りに生きて来たからだ。

あまり色々な夢を話すので、この子は器用貧乏になる、と祖母は言った。
どうだろう、僕自身は恵まれた幸せな人生だと思っている。

敢えて言えば、声の綺麗な人が傍に居たらと思う。
友達でも恋人でも子供でも。
嬉しいことを嬉しそうに語る人。

それから、身近にバイオリンかクラシック・ギターがあればいいなと思う。

最近気付いたのだが、僕は線や文字より音が好きらしい。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア